[レポート] Green Magic 2018 @ ハートランド朝霧

Green Magic 2018
Pocket

日時:2018年5月3〜5日(木〜土)
会場:ハートランド朝霧(富士宮、静岡)

 Text, Photos, Movie by CHUN

 

「富士山を見ながら踊りたい!」

海外からのトラベラーのみならず、日本に住んでいるパーティー・フリークなら、多くの人がそう思うのではないだろうか。

mt.fuji at Green magic 2018

昨年のゴールデンウィーク、富士山の麓で開催された野外パーティー “Green Magic” の噂は聞いていた。特に印象的だったのは富士山を展望できるダンスフロアの写真だ。以前は他のパーティーでも”富士山を見ながら”というローケーションがときどきあったように思うが、近年はめっきり少なくなってきた。2018年のGreen Magicも昨年と同じ会場で開催されると知って、初めての参加を決めた。今回はそのレポートをしたいと思う。

Green Magicとは、Grasshopper RecordsのDJ HATTAを中心に、毎年新緑の季節に開催されている野外パーティーだ。今年で5年目を迎えるという。Grasshopper Recordsを中心とした国内DJ陣のほか、海外からのゲストDJ・アーティストも何組か呼んでいる。今年のヘッドライナーはイギリスからのTristanだ。

Time Table @ Green Magic 2018

今年は5月3日〜5日という開催日程だったが、所用のため2日目にあたる5月4日にパーティー会場となる『ハートランド朝霧』へと向かった。快晴のゴールデンウィーク中で、富士山を展望できる”富士芝桜まつり”会場が近いこともあり、早朝出発だったにも関わらず予想外の大渋滞に巻き込まれる。パーティー会場に到着したのは昼頃だった。

道中から見える富士山、Green Magic 2018

この日は雲ひとつない快晴。道中からも富士山をばっちり展望できたので、期待に胸を膨らませつつ、荷物を背負ったまま入場口からダンスフロアへと直行。ダンスフロアで好き勝手に舞い踊るクラウドたちの背後には雄大な富士山の姿が……、ん? あれ ……? 全然見えないぞ……。

ダンスフロアをあちこちふらついてみたが、どの角度からも富士山は見えなかった。うぐ……、富士山を期待して来たのに、ショーック!

とりあえず荷物も降ろしたいので、テントサイトへと向かう。どこにテントを張るかは、パーティーの満足度を左右する重要事項のひとつだ。嬉しいことにテントサイトからは富士山がばっちり展望できる。結局、ダンスフロアからは少し離れるものの、富士山を真正面に展望可能な場所にテントを設営、ひと安心だ。

テントサイト @ Green Magic 2018

ダンスフロアから富士山が見えないのは確認済みなので、むしろテント周辺で富士山の景色を楽しみながらゴロゴロと過ごす。早朝起床のため睡眠不足だったこともあり、いつの間にか夕方まで眠ってしまった。

目を覚まし、夕日に染まる富士山を眺めた後、会場を散策。フードマーケットで富士宮やきそばを食べて、日没後のダンスフロアに辿り着くとStereoxide(スイス)がプレイしていた。

night floor at Green Magic 2018

stereoxide @ Green Magic 2018

メインのダンスフロアは、近隣の住民の方への配慮だろうか、21時で音が止まり、一旦終了。その後、山小屋風の建物をクラブ調に改装した屋内のサブフロアで、明け方までNON STOPで音を出していたようだ。屋内のサブフロアを少し覗いて、早い時間にテントに戻り、寝袋の中に入って休んだ。

Inside Floor @ Green Magic 2018

Inside Floor @ Green Magic 2018

Inside Floor @ Green Magic 2018

翌5月5日、パーティー最終日。この日も朝から雲ひとつない快晴だった。朝8時からメインのダンスフロアで、音が鳴りはじめた。

Disk Junky @ Green Magic 2018

Grasshopper RecordsのDisc Junkeyからスタート。しっかり聴くのは今回が初めてだが、最終日のオープニングらしくフロアをいい感じにビルドアップしていく。次のOhm(メキシコ)はハンガリーのOzora Festival でもプレイしているDJだそうで、巨体を揺らしながら、ダンスフロアをアゲていく。その後、オレゴン皆既日食フェスティバルにも出演したDigitalblockのDaijiroへ。ベテランらしく、確実にダンスフロアをグラブしていくナイスDJだった。

OHM @ Green Magic 2018

OHM @ Green Magic 2018

そして、ラストはTristan(イギリス)がステージに登場。Tristanはキャリア20年以上のベテランで、1999年のハンガリーから2017年のオレゴンまで数多くの皆既日食フェスティバルに参加しているほか、世界各国のビッグ・フェスティバルでもヘッドライナーに数えられるアーティストだ。自分にとっては、2018年の幕開けを飾るHILLTOP(ゴア、インド)のニューイヤー・フェスティバルでの盛り上がりも記憶に新しい。さすがは世界のトップアーティストだけあって、このGreen Magicでもダンスフロアを最高潮の盛り上げへと導いていたと思う。

Tristan @ Green Magic 2018

Mt. Fuji @ Green Magic 2018

Tristan @ Green Magic 2018

前述のとおり、残念ながらダンスフロアから富士山を見ることはできなかったが、少し引いたフードマーケット兼チルアウトのエリアからは富士山の勇姿がしっかり展望できた。

上記の富士山展望ポイントから、マーケットエリアを通って、Tristanのプレイするダンスフロアまでを動画に収めてきたので、是非ご覧いただきたい。

Tristanがダンスフロアをアゲにアゲて、昼を過ぎた14時にTristanのプレイ終了。音が止まり、パーティーそのものが終了となった。

DJ HATTAをはじめとするGrasshopper Recordsのオーガナイズ陣は、国内外のパーティーやフェスティバルをよく知り尽くしているだけあって、ダンスフロア、フードマーケット兼チルアウトのエリア、テントサイトなどは、どこもしっかりしていた。キッズエリアも充実していて、小さな子供連れでも楽しめるパーティーだと思った。ダンスフロアのゴミ拾いや、水場・トイレの掃除など、Grasshopper Recordsのスタッフがしっかりやっていた姿も印象的だった。

Mt. Fuji @ Green Magic 2018

最初は雨が降ったそうだが、パーティー開催中は好天に恵まれ、ダンスフロアからは富士山こそ見えないものの、太陽の光に輝く周囲の山々や林の新緑が本当に眩しく、開放感のあるダンスフロアが素晴らしかった。日本国内のパーティー会場で、これほどの好ロケーションはなかなかないだろう。ダンスフロアの喧騒から少し離れて、ダンスフロアを遠望しながら富士山を眺めるのも悪くはなかったし、実際のところ、それもなかなか良かった。集まったオーディエンスの数もかなり多いように感じたが、フロアの雰囲気も良かったし、結果的にはとても満足度の高いパーティーだったと思う。

Green Magic 2018

2019年のGreen Magicはどこで開催されるのかわからないが、また来年も富士山の見える会場で、そしてできればダンスフロアからも富士山が見えるロケーションでの開催を、是非期待しています!!!

 Green Magic 2018

なお、5月ゴールデンウィーク、パーティー会場のある静岡県の朝霧高原は、日中晴れれば20〜25度と気持ちいい気候だったが、標高800〜1000mの高原にあるため、夜間はかなり冷え込んだ。0度対応の寝袋に分厚いダウンジャケットを着て寝ても、かなり寒かった。来年も朝霧高原での開催となる場合には、夜間は真冬と思って、しっかり防寒対策をして出かけることをお勧めします。

 

(以下の関連記事もお読みください♪)

[レポート] Hill Top NewYear Party 2018 @ GOA(前編)

[レポート] Hill Top NewYear Party 2018 @GOA(後編)

Pocket